ヘルスケア分野でオンリーワンのコンサルティングファームとなり、顧客と地域社会の幸福を追求する。 「現場主義の精神」を貫き、常に「顧客にとっての価値とは何か」を考え、「創造」し、「行動」するコンサルタント集団であり続けます。

VALUE 行動指針

社会正義と倫理観を行動基準とする
私たちは、法令や社会規範、社内規定などを順守し事業活動を行うとともに、倫理に照らして企業・個人のあるべき行動を理解し、誠実に実行します。
私たちは、会社の有形・無形の財産を自らの利益のために流用すること、政治、行政に関わる人々との不適切な関わりをもつこと、反社会的勢力、組織または団体と関わりをもつことなどを一切行いません。
長期的・中期的・短期的な視点を持つ
私たちは、会社のミッション・バリュー・ビジョンを踏まえつつ、1年後・3年後・5年後に自分はどのような役割を果たし、どのように会社に貢献したいのか目標を設定します。常に、仕事やプライベートにおいて、長期的・中期的・短期的視点で、優先順位をつけて計画し、行動し、評価し、自己改革を行います。
学習し、そして行動する組織を目指す
私たちは、市場環境、顧客ニーズ、社会動向、行政動向などを的確にとらえること、業務上の知識、スキル、法令や社会規範などを理解・習得することを達成するために、研鑽を基本的な行動の一つとして位置付けます。また、社会、会社が目指す方向、将来の姿を理解し、顧客、地域社会への貢献のために行動します。
お互いに尊敬と威厳をもって接し、チームに貢献する
私たちは、会社にとって、社員・スタッフはもっとも重要な財産であるとともに、すべての社員・スタッフには個性と人格が備わっていることを前提に、個性を発揮できる環境づくりを全員が意識し、互いに尊厳と威厳をもって接し、対等な立場でコミュニケーションとディスカッションを行うことでチームと個人の発展を目指します。社員・スタッフは、より円滑な関係を作り、継続するために、コミュニケーションスキルとコーチングスキルの向上を目指します。
新たなものにチャレンジする精神を尊重する
私たちは、挑戦することは企業の価値であると捉え、またOnly Oneとは何かを探求し続け、失敗することを恐れずに取り組みます。自身(またはチーム)に限界を設けず、常に創意工夫を念頭に置きながら取り組むとともに、周囲との合意形成を経て期限を設定します。また失敗した場合も、反省こそすれ批判はせず、失敗からかならず学び、「成功要因」と「障害要因」を分析し、次の機会には「障害要因を排除する」努力をします。