コンサルテーションフロー

(1)貴病院を取り巻く、診療圏の他の医療機関の疾病別診療機能・レベル、疾病別の患者受療動向(どの医療機関を受診しているか)、疾病別患者数の将来推計、医療行政の動向分析等を行い、経営の外部環境の影響度を分析して、経営に対する『脅威』や『機会』について評価します。

(2)財務分析は当然のことながら、診療機能や経営機能を表す各種指標分析、部門別ヒアリング、他の同種同規模病院とのベンチマーク等を通じて、貴病院の経営に関しての『強み』や『弱み』について評価します。

(3)貴病院の経営理念やビジョン・経営方針・目標に照らして、現状分析結果とのギャップを評価します。また、逆にギャップが大きすぎる場合は貴病院の経営方針や経営戦略の見直しの必要性について議論する必要があります。

(4)ギャップを認識することによって、経営課題を抽出します。抽出した経営課題について貴病院の職員とディスカッションし、経営課題の妥当性や取り組みの優先順位を決定します。また、全職種に対する研修会を開催して意識の統一を図り、モチベーションを喚起します。

(5)弊社は合意された課題の優先順位に従って、解決のための方策とタイムスケジュール、推進担当責任者、委員会・部会の発足について提案し、承認を得ます。

(6)計画の進捗状況・効果の評価を定期的に実施し、達成できなかった場合はその原因を究明し、軌道修正するといった一連のPDCAサイクルを強力に支援・フォローします。