年頭のご挨拶

[ 2020/01/01 ]

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
また皆さまが新たな気持ちで新年を迎え、それぞれの目標に向けた設定が出来ておりますことを祈願致します。

さて、今年は四月に診療報酬の改定が行われます。本体部分はプラス改定、薬価部分はマイナス改定という内訳で全体的にはマイナス改定の流れとなっており、病院を取り巻く環境はますます厳しくなってきております。また、7月からは東京オリンピック・パラリンピックの開催です。諸外国から多くの方が訪れることでしょう。開催期間中、企業の多くは、時差出勤や自宅作業などの幅広い対応を検討されています。弊社も「働き方改革」に併せて柔軟に対応するとともにお客様に迷惑の掛からない方法を考えたいと思います。

本年も企業として、「医療・福祉関係者と地域社会に如何に貢献できるか」を考え、弊社社員にとっては「一人ひとりが自分の期待されている役割を理解し、相手の立場に立ったコンサルティングを実践する」ことを念頭に、地道に確実に取り組み、全てのお客様と関係者から感謝されるような企業であり続けられるよう努めて参りたいと思います。

本年も変わらぬお引き立てをお願い申し上げますと共に、皆様の益々のご健勝とご発展を祈念いたしまして、私からの年頭の挨拶とさせて頂きます。

株式会社システム環境研究所 代表取締役社長 竹原 潤